ドラッグストアの受験資格と出願の際に必要なもの

受験資格と出願に必要なもの

医師国家試験の受験資格はまず、日本の大学の医学部を卒業(もしくは卒業見込み)であることが必要です。つまり、医学部を卒業しない限り、原則として受験資格を得ることはできません。

 

医師法第11、12条の規定によると、受験資格は
・ 学校教育法に基づく大学において、医学の正規の課程(医学部医学科・6年制)を修めて卒業した者。・防衛医科大学校卒業生(防衛庁設置法第19条)。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

・ 医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練を経た者。
・ 外国の医学校を卒業し、又は外国で医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記の二つと同等以上の学力及び技能を有し、かつ、適当と認定した者。
・ 沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令第17条第1項の規定により、沖縄復帰前に琉球政府の医師法(1955年立法第74号)の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定した者。
とされています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

出願のときに必要なものは、願書、受験手数料(15300円)写真(6×4cm)、卒業証明書、返信用封筒(510円の切手を貼り付けて書留表示し、表面に自分の郵便番号、宛先を記入した長3封筒)、印鑑(出願する時から受験の後まで同じ印鑑を使います。受験票の印鑑と医師免許申請書の印鑑が一致することが必要なので注意しましょう)になります。

 

薬剤師 就職