ドラッグストアの臨床研修の基本理念

臨床研修の基本理念

臨床研修の基本理念は、「医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、



一般的な診療において頻繁に遭遇する負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につける。」です。


ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

臨床研修では、大学病院または臨床研修指定病院で医師としての経験を積むことになります。




救急、小児科、内科および外科など特定の7分野について、それぞれ1か月以上の研修を受けます。医師免許の取得者に対する臨床研修は努力義務に過ぎなかったのですが、2000年に成立した改正医師法によって、医師の臨床研修が義務づけられました。

薬剤師 就職