ドラッグストアの医師国家試験の受験地とは

医師国家試験の受験地とは

医師国家試験は、例年2月中旬に行われます。試験は3日間になります。試験地は、北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県の計12ヶ所です。東京都には例年全受験者の3割以上の人数が集中するため、受験会場が2箇所設けられることが多いです。このため、試験地から遠いところに住んでいる場合には、ホテルなどで何日間か泊り込んで受験をすることになります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

多くの場合、学校単位で宿泊することが多いようです。学習机の用意、電気スタンドの貸し出し、昼食用弁当などを用意してもらえるホテルや、それを紹介してもらえる旅行会社などもありますので、調べてみるとよいでしょう。

 

当日、持って行くものとしては、黒ボールペン(試験の合間に配布される現住所確認用紙の訂正に必要となります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

大多数の人は訂正の必要はありませんが、念のために持参したほうがよいでしょう。)鉛筆(会場によってはシャープペンシルの使用が認められない場合があるので鉛筆は必須です。)時計(試験場には時計は設置されていないので、必ず自分の時計を持っていきましょう。退出可能な時間は試験管が口頭で伝えてくれますが、それ以外の時間に関するアナウンスはありません。電卓付時計や携帯電話を時計がわりにすることは禁止です。)昼食(会場によっては近所にお店がなかったりするので、あらかじめ用意していくのが安心です。)

 

薬局