ドラッグストアの医師国家試験の合格基準と合格率について

医師国家試験の合格基準と合格率について

医師国家試験の合格基準は、
・一般問題(総論+各論):相対基準(例年65%前後で推移)
・臨床実地問題(総論+各論):相対基準(例年60%台後半で推移)
・必修問題(一般+臨床実地):8割(絶対基準)
・禁忌肢の選択数:2問以下(絶対基準)
以上をすべて満たした者を合格とされています。なお、一般問題、臨床実地問題の基準については合格発表時に掲示されます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

必修問題で採点除外などの調整がなされた場合は、採点対象の問題について8割以上の得点で合格となります。(2006年からは、採点対象外となった問題が不正解だった場合のみ、当該問題を採点から除外すると変更されたため、受験者により必修問題の満点は異なります)。また、禁忌肢の選択数は2問以下などに変更されることがあります。

 

毎年、8000人前後の方が「医師国家試験」を受験しています。合格率は80%を越える事が多く、数字的にはかなり高い合格率となっています。 合格率が高い試験なので簡単、という事ではありませんが、大学で6年間学んだ事をしっかり出せれば決して難しい試験ではありません。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

しかし、2001年には出題数が増加したり、2004年からは臨床研修が義務化されるなど、大きな改革も行なわれています。 試験合格後、この臨床研修(研修医)の間に自分が進みたい診療科を最終的に決める事になる人が多いようです。

 

薬剤師国家試験