ドラッグストアの医師の臨床研修について

医師の臨床研修について

臨床研修とは、医学部を卒業したのちに行われる初期研修のことをいいます。

 

1968年以来、「卒後2年以上の臨床研修を行うこと」が努力目標として掲げられ、大多数は大学付属病院で研修をうけていました。研修医の処遇の問題、診療が高度専門化する一方、プライマリケアに必要な疾患を診療する機会が少ないといった問題等が見直され、新しい臨床研修制度が2004年4月より導入されました。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

その基本理念は、「医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に遭遇する負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につける。」です。

 

臨床研修では、大学病院または臨床研修指定病院で医師としての経験を積むことになります。救急、小児科、内科および外科など特定の7分野について、それぞれ1か月以上の研修を受けます。医師免許の取得者に対する臨床研修は努力義務に過ぎなかったのですが、2000年に成立した改正医師法によって、医師の臨床研修が義務づけられました。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

厚生労働省は、臨床研修が義務化されることに伴い、研修医を受け入れる病院に対して、研修医1人あたり年間200万円程度の補助金を出す計画を打ち出しました。研修医の手当のほか、指導医の手当や研修費用などに使われるといいます。

 

薬剤師 求人