ドラッグストアの歯科医師国家試験の合格基準

受験資格と出願に必要なもの

歯科医師国家試験では必須問題、総論問題、一般問題の3つがあります。必須問題は、基礎医学系問題が中心となっています。専門的なレベルまでは求められませんが、それでも歯科以外の分野でも知っておかなければならない医学の知識がたくさんあります。治療内容によっては、体に負担がかかるという物もあり、そういった治療をする時に、医学の知識がなければ対処できないという事もあるからです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

総論問題では歯科保健医療総論です。ここで問われるのも医学の知識です。手術・麻酔・薬物等の知識は、歯科医の世界でも欠かす事ができません。そして一般問題ですが、ここでは歯科の知識全般について出題されます。その範囲は多岐に及び、多くをカバーしなければなりません。それぞれの試験で合格点をとらなければいけないのですから、総合的に勉強していく事が必要です。

 

歯科医師国家試験における合格基準は、最近になって毎年上昇しています。今まで受ければ合格する試験だと言われてきた事もありましたが、それではいけないと改革が行われてきています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

具体的な数字を挙げると、第102回の試験の合格基準は、一般問題が115/209点以上、臨床実地問題が155/260点以上、必修問題が40/43点以上、禁忌肢問題選択数2問以下、基準点以下の領域数0領域となっています。最後の項目を見れば分かると思いますが、不合格箇所が1つでもあれば、総合点で合格だとしても不合格とみなされます。

 

薬剤師 募集