ドラッグストアの歯科医師国家試験の合格基準と合格率

受験資格と出願に必要なもの

歯科医師国家試験は、以前はほとんどの人が受かっていましたが、最近はどんどん合格率が下がってきています。これは、歯科医師過剰問題の影響が大きいといわれています。ある程度の点数を取れば確実に受かっていた今までの「資格試験」から、上位何名までを合格にする「選抜試験」に変わってきています。ここ数年の合格率は70%前後ですが、この合格率は今後どんどん下がっていく可能性が非常に高く、2025年までには約50%程度になる可能性が高いと言われています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

第102回からは、多肢選択型(いわゆる「スーパーエックス問題(個数問題のこと)」)が新たに出題されることになり、その試験難易度はさらに増すこととなっています。第103回からは、必修問題の増加(50題→70題)、スーパーエックスの増加、Lタイプ、Cタイプなどの新タイプの問題の出現が予想されています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

歯科医師免許の申請手続は、・戸籍抄本、日本国籍を有しない人については、外国人登録原票記載事項証明書(発行から6月以内のもの)、・後見登記等ファイルに自己を成年被後見人、被保佐人とする登記記録がない旨を証明した書面(発行日から6月以内のもの)、・所定の用紙を利用した健康診断書(発行日から1月以内のもの)・登録免許税(収入印紙)60,000円を申請書に添付し、住所地の保健所(一部県については県庁)に提出します。

 

薬剤師 就職